北海道札幌市まち情報

Where is Sapporo~札幌ってこんな所~

2018年北海道は命名150周年を迎えました。その北海道の政治経済、文化の中心は日本最北の政令指定都市・札幌。行政区は中央区、北区、東区、豊平区、西区、白石区、手稲区、南区、厚別区、清田区の10区に分けられています。企業の本支店や国の出先機関など拠点となる事業所、商業施設が集積した「都市」としての機能と、郊外に広がる「自然」という二つの要素を併せ持っています。石狩平野南西部に位置し、香港とほぼ同じ面積を有しています。市南西部は山岳地帯で、一部は支笏洞爺国立公園として指定されています。道都としての歴史と広大な自然が織りなす観光スポットが特徴的で、日本のみならず世界中の人を惹きつける観光都市でもあります。札幌の夏は盛夏となりますが朝晩は涼しく快適そのもの。冬は積雪寒冷を特徴としており、四季の移り変わりが鮮明な街です。現在では人口196万人(2018年1月1日現在)を超える(北海道の人口の約3割)、全国5番目の都市に成長しています。人口200万人の都市が降雪地帯に位置するのは世界的に見ても異例です。このように「都市と自然の調和」が、札幌の特徴であり魅力となっております。

札幌駅

札幌駅(昼)

大通公園

大通公園

すすきの

すすきの

藻岩山からの夜景

藻岩山からの夜景

夜の雪まつり風景

夜の雪まつり風景

モエレ沼公園

モエレ沼公園

二条市場

二条市場

【札幌駅】

札幌市並びに北海道の代表駅です。道内各地とを結ぶ特急列車、空の玄関口である新千歳空港とを結ぶ快速エアポート、札幌近郊の通勤通学輸送を担う普通列車などが発着します。地下鉄「さっぽろ」駅(平仮名表記が正式名称)やバスターミナルもあり、オフィス街と繁華街の混在地区となります。地元では「サツエキ」の愛称で親しまれています!札幌ステラプレイス等4つのショッピングセンターと百貨店の大丸札幌店、さらにJRタワーホテル日航札幌が駅に直結しており、毎日多くの利用客で賑わっています。

【大通公園】

色鮮やかな草花が出迎えてくれる、人々が憩う公園。札幌市の花であるライラックなど約4,700本の木々に囲まれたオフィス街のオアシス。芝生や噴水の周りでは、観光客も市民も思い思いにくつろいでいます。ここは北海道を代表するイベント会場の顔も持ち併せます。春はライラックまつり、夏はYOSAKOIソーラン祭りやビアガーデン、秋には北海道の食が集結するオータムフェスト、冬は世界的イベントと言っても過言ではない雪まつりとなどなど・・・四季折々の楽しみ方が尽きない公園です。

【すすきの】

 

全国的に有名な「すすきの」。東京以北で最大の歓楽街およびアジア最北の歓楽街と言われています。「眠らない街すすきの」の夜の人口は約8万人。特徴としては店舗数もさることながら「治安の良さ」も挙げられます。お酒を飲んだ後のラーメンも美味しいお店が多数あります!が、札幌の夜の新定番としてパフェを楽しむ「シメパフェ」も広がりをみせています!メディアでもシメパフェ特集をされる程の人気です。

【新三大夜景】

 

 

国の天然記念物・藻岩原生林に覆われた藻岩山。展望台からは石狩湾や山脈を見渡すことが出来ます。近年では長崎・北九州と並ぶ「日本新三大夜景」の街としてもクローズアップされています。札幌市内にある藻岩山、幌見峠、旭山記念公園の夜景スポットはもちろんですが、テレビ塔やJRタワー展望台、ノルベサ観覧車からの夜景もオススメ。多種多様な絶景に魅了されること間違いなし!

【さっぽろ雪まつり】

 

 

国内外から約200万人以上が訪れる札幌の冬の一大イベントです。大通会場は1丁目~12丁目までの約1.5kmに渡り大小様々な雪像が並びます。日没から22時までライトアップされ、幻想的な空間になります。つどーむ会場では巨大な滑り台や雪と触れ合える屋内外のイベントが実施されるほか、すすきの会場では氷彫刻コンクールや氷像のライトアップ、アイスバーなどが登場し、会場ごとに趣が変わるのも見どころのひとつなのです。

【モエレ沼公園】

 

 

彫刻家イサム・ノグチが基本設計を手掛け、「全体をひとつの彫刻作品とする」というコンセプトのもと造成が進められた、自然と芸術が融合するアートパーク。遺作である「ブラック・スライド・マントラ」という滑り台もあります。ゴミ処理場跡地を公園化し、屋内施設には雪を活用した冷房システムを導入していることから、自然環境保全の観点からも注目を集めています。

 

 

【二条市場】

 

 

札幌市民の台所、二条市場。100年以上の歴史が続く活気ある市場です。街の中心部に位置する立地の良さで、狸小路もすぐそこ。店先にずらっと並ぶカニやホタテは産土産の一番人気。じゃがいもやメロン等の農産物も販売しています!周辺には「のれん横丁」をはじめ個性豊かな飲食店が存在するグルメスポットでもあります。

 

 

札幌の投資用物件・事業用売買は㈱moco estateにおまかせください

不動産に携わって10年以上。女性のみで運営する会社です。moco estateの「moco」は、イタリア語で「まっすぐ」という意味です。ロゴマークは誠実さや信頼感、上質さを表現しており、手を取り合い力を合わせ共に成長して行くという意味が込められています。社名に沿った実直なお仕事をいたします。営業時間外や定休日の対応も可能ですので、どうぞお気軽にご相談ください。