札幌沿線JR駅周辺情報

JR駅

札幌駅北口

北口

札幌駅~札幌市並びに北海道の代表駅であり、JR北海道最大の拠点駅です。道内各地を結ぶ特急列車、新千歳空港とを結ぶ「快速エアポート」、札幌近郊の通勤・通学輸送を担う普通列車等が多く発着します。2003年開業の駅ビル「JRタワー」の開業・駅周辺地域の再開発に伴い、利用客が増加している他(現在では一日に10万人近くの利用客がいる)鉄道利用に留まらず大通地区、すすきの地区を凌ぐ新たな拠点として成長し、「サツエキ」の愛称で親しまれています。PASEO・札幌スラプレイス・札幌エスタ・アピアの4商業ゾーンを総称して「JRタワースクエア」と呼ばれ、その他大丸や東急百貨店などの老舗デパートも立地しており、幅広い年齢層が集まり楽しめる駅です。地下街や札幌駅前地下歩行空間等の地下道を通じて、周辺のオフィスビルやホテル、百貨店を雨風(時に雪)にあたらずに往来することが出来ます。北口駅前広場には市営地下駐車場があり、その下には巨大な融雪槽が設置されています。駅以南はオフィス街と繁華街の混在地区であり、札幌市の中心市街地の北端に当たります。当駅以北は北海道大学や藤女子大学、天使大学などの学校が多く存在する文教エリアのような雰囲気となります。2030年度に予定されている「北海道新幹線札幌延伸」の際は当駅が始発・終着駅となる予定です。

 

 

快速エアポート

【函館本線】

■星置(手稲区)~札幌のベッドタウンである星置は、札幌市街からの距離はありながらも住宅地として定着しています。周辺には複合商業施設もある為、子育て世代にも便利なエリア。隣町の小樽へも気軽に遊びに行けます。

■稲穂(手稲区)~駅周辺は工業地帯と住宅街となっており、札幌運転所が隣接されています。近隣に公園が多く、海や山も近い環境です。

■手稲(手稲区)~札幌駅に次いで乗客数の多い駅で、快速も停まり始発もある為、非常に便利な駅です。区役所や大型スーパー、大きな病院に高層マンション等利便性が高い地区。人口密度も高すぎず札幌駅まで乗車約15分というのも人気の理由の一つです。

■稲積公園(手稲区)~駅の北側に稲積公園があり、周辺は警察署や郵便局、小学校などがあり、治安が良いという印象があります。南側が富丘、北側が前田という地区になり、子どもたちで賑わいを見せています。夏は手稲プールが大人気です。

■発寒(西区)~北側が工業施設、南側がイオンモールを始めとする商業施設や高層マンションと、はっきりと目的が分かれてた場所となっているのが特徴的なエリア。近年は高層マンションやアパートがいくつも建設され、週末のイオンは人で溢れています。

■発寒中央(西区)~駅周辺に大型スーパーやドラッグストア、交番、消防署があります。江戸時代に創設された発寒神社も駅のすぐ近く。昔ながらの商店街も存在し、西区1の繁華街「琴似」へも一駅ということから多くの人が利用する駅です。

■琴似(西区)~西区随一の繁華街です。アパート・マンションが非常に多い場所で、活気ある琴似の街は札幌でも人気のエリアです。琴似駅は区間快速、快速列車も乗車いたします。

■桑園(中央区)~JR札幌駅から小樽方面へ一駅目にある駅。高架の駅になっており、ここから函館本線と学園都市線が分岐。駅前にはイオン桑園店や各種クリニック、マンションが立ち並びます。きれいに整備された街並みの駅です。

■札幌(北区)~札幌市の中心部にあるターミナル駅。北海道各地からの列車や、空の玄関口「千歳空港」からの直行列車「快速エアポート」など多くの列車が発着します。地下鉄も地下通路を通って乗換が可能。構内はとても広くたくさんの商業施設や飲食店が併設されており、大都会にふさわしい存在感を放っています。トータル複合型ターミナル駅としての機能や利便性が優れており、まさに札幌の顔!地下街の整備も行き届きどこからでも駅にダイレクトアクセスできる魅力的な駅です。

■苗穂(中央区)~2018年11月に新しくなった苗穂駅。大型ショッピングセンター(アリオ札幌)、サッポロビール園、中央体育館が徒歩圏で、更には高層マンションが次々と建設中です。躍進する創成川イーストを後押しする核となる駅と言えるでしょう。再開発事業により、商業・医療施設を建設する他、各施設を結ぶ空中歩廊も設置予定です。

■白石(白石区)~2011年に駅舎が新しく生まれ変わりました。きれいな構内にはコンビニとパン屋さんも入っていてとても便利。函館本線の他千歳線も停まるので電車の本数も多く、また、札幌駅まで7分という事もあり通勤通学にとても重宝な駅です。

■厚別(厚別区)~札幌駅から千歳方面へ向かう途中の普通電車の停車駅で、札幌駅から15分で到着します。周辺にマンションが多く駅前に大きな施設はないものの、コンビニや小さな病院等が点在しています。厚別駅から新札幌駅までは徒歩約20分で行くことが出来ます。

■森林公園(厚別区)~札幌市の最東端の駅にあたります。駅名の通り森林公園の近くにありますが駅からは少々離れており、公園自体は隣の江別市にあります。マンションが多く建ち並び、高校もあることから意外と乗客数が多いです。

 

 

【札沼線(学園都市線)】

■札幌(北区)~函館本線参照

■桑園(中央区)~函館本線参照

■八軒(西区)~駅周辺は住宅街で、札幌駅まで2駅と好アクセスです。駅周辺には下手稲通や環状通、新川通といった交通量の多い道路があり、生活利便性良好で、車移動でも便利な立地です。

■新川(北区)~駅を出て1分の所にコンビニ、スーパー、クリニック等が立ち並ぶ琴似栄町通があります。駅の周辺は住宅に囲まれています。

■新琴似(北区)~地下鉄南北線麻生駅からも近く、駅周辺施設も充実。新琴似駅は札沼線の中でもかなり大きな駅で、北区体育館がすぐそばにあるのが目印です。

■太平(北区)~駅は北区と東区の境界上にあり、周辺は閑静な住宅街が広がっています。札沼線はこの駅から新十津川駅まで地上を走ります。■百合が原(北区)~駅の周りにはマンションがあるので、無人駅でも治安が良くファミリー層が多く暮らしています。駅から徒歩5分の所に百合が原公園があります。

■篠路(北区)~古き良き田舎の駅といった印象を受ける駅です。東側は高層マンションやスーパー、コンビニ、銀行などの生活施設が整っている閑静な住宅街です。

■拓北(北区)~以前は拓北駅が札幌最北のJR駅でした。その後開発が進みあいの里教育大駅、あいの里公園駅が出来ました。

■あいの里教育大(北区)~古くから札幌のベッドタウンとして発展してきたあいの里地区にある駅で、北海道教育大学があり北海道医療大学への通学に利用する方もいます。駅付近にはショッピングモールもあります。

■あいの里公園(北区)~札幌市最北の駅として有名です。周りは住宅地で環境が良く、かわいらしい駅舎が人気です。

【千歳線】

■札幌(北区)~函館本線参照

■苗穂駅(中央区)~函館本線参照

■白石駅(白石区)~函館本線参照

■新札幌(厚別区)~地下鉄東西線の東側、終点の新札幌駅は下に地下鉄、上の高架にJRが走る便利な地域!駅に直結している商業施設も豊富で充実したエリアです。

■上野幌(厚別区)~札幌日本大学中学校・高等学校の最寄り駅。新札幌から北広島方面へ走る途中の駅で、札幌と隣町の北広島市の境目に位置する駅となっています。